大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

レントゲン

デジタルレントゲン撮影装置


骨折の疑いや捻挫、脱臼など痛みの原因をいち早く診断し治療につなげるレントゲン撮影

みなさんもご存知のレントゲン。X線という放射線を使い体の中を写し出す撮影です。X線が通過しにくい密度の高い骨や心臓は白く、肺など密度の低い部分は黒く写ります。 よく知られているものに骨折などの骨の状態を見ることがあります。他にも肺、心臓などの胸部・腹部の臓器、脊椎や末端の四肢など全身にわたります。 胸部では、心臓に起こる大動脈瘤や心肥大など。また肺では肺炎や結核など。腹部ではガスや臓器の形状を見たり、腎結石などの石灰化の確認をします。 四肢や全身の関節ではリウマチなどもレントゲンで見ることができます。 骨だけでなくレントゲンの特性を利用して全身の様々な部位を診察し、必要に応じてCT検査などさらに詳しい検査をいたします。