大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

花粉症

小児科「気になる症状」

 

花粉症

 スギ花粉による花粉症が代表的です。体質的に花粉のアレルギーがある場合は杉に限らすほかの樹木の花粉にはアレルギーがあると考えたほうがよいでしょう。鼻の症状として鼻水、鼻詰まりを繰り返し、目の症状として目の違和感やかゆみ、涙が出て止まらないなどが典型的な症状でこの症状が2月~5月頃に現れます。対応方法としてはマスクを装着し花粉を吸い込まないようにする、抗アレルギー剤を前もって飲んでおく、などの方法で、これらは根本的な治療法ではありませんが有力で効果的な方法です。一方で減感作療法という方法があり、これは体質を変えてアレルギーを起こさないように変える方法で著効すれば治癒にまで持っていける方法です。しかしこれにも週1回定期的に注射を行い体に慣れさせるという作業を数ヶ月~数年にわたって続けなくてはいけません。