大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

高感度インフル検査

発症初期でも迅速・高感度に検出


患者さまの鼻や喉から採取した検体を測定しインフルエンザウイルスの感染の診断。

症状が出てからなるべく早く対処すれば、あの苦しい症状を抑えられるインフルエンザ。その理由は1個のウイルスが24時間後には約100万倍に増えると言われているためです。そのために抗インフルエンザウイルス薬は発症から48時間以内に服用が効果があると言われています。 全身の嫌悪感や関節の痛みを感じる発熱が起こすという症状が現れてすぐ診察を受けても、「熱が出て症状が現れても、すぐには検査しても結果は出ません。」と言われてしまうと、せかっくすぐに受診しても抗インフルエンザウイルス薬が処方されず、あの苦しい症状を迎えることになります。今までのインフルエンザ迅速診断キットでは、発症してから8時間以上経過しないと結果(陽性反応)が出なませんでした。 当院の高感度インフル検査は、インフルエンザ迅速診断キットの100倍の高感度で発症から2〜3時間後のウイルス数のまだ少ない状態でも判定し結果を出します。早期発見で抗インフルエンザウイルス薬の処方を行います。 インフルエンザ以外にもウイルスの検出が可能なため、発熱にかかわる体の以上を感じましたら早めの受診が早期発見早期治療につながります。


ページ上部へ戻る