大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS)

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

2003年2月におきた山陽新幹線の運転士による居眠り運転による事故が報道されたことをきっかけに、この疾患(SAS)が広く知れ渡るようになりました。


人は睡眠なしでは生きていけない。

「ナポレオンは3時間しか寝ていない。」という有名な伝説がありますが、実は、「ナポレオンは睡眠時無呼吸症候群であった。」という説が史実の検証からとなえられています。


睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

最初に述べたように最近になり睡眠中に無意識のうちに呼吸停止をきたす疾患があることがわかってきました。


睡眠時無呼吸症候群(SAS)の病型

SASはその原因によって大きく「閉塞型」と「中枢型」の2つに分けられます。


睡眠時無呼吸症候群(SAS)診断のあらまし

SASはその原因によって大きく「閉塞型」と「中枢型」の2つに分けられます。


SASの治療

SASはその原因によって大きく「閉塞型」と「中枢型」の2つに分けられます。


SASにかかる診療費用について

保険が使えますかと言う内容の質問されることが多いので初めに説明しておきますと、睡眠時無呼吸症候群は疾病であるため診療にかかる費用はすべて通常の保険が適応できます。