大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

胃内視鏡検査について

胃内視鏡検査について

病気の早期発見にとても役に立つ検査です。
より多くの皆様に検査を受けていただけるよう苦痛の軽減につとめております。
働き盛りのお忙しい方のために、平日の夕方土曜日の午前中も検査ができます。
一度お問い合わせください。

 

検査の目的

 胃をはじめ食道、十二指腸は比較的病気の多い場所です。癌などの悪性腫瘍も早期発見することで根治(完全に治ること)が期待できます。
また、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎や逆流性食道炎も的確な診断により適切な治療が行えます。
胃カメラは粘膜を直接見て、場合によっては生検(組織の一部を齧り取って顕微鏡で調べる検査のことで、確定診断のために必要となります)を行って食道、胃、十二指腸の病気を診断するための検査方法です。

 当院では経鼻内視鏡と経口内視鏡を導入しております。鼻から挿入すると「おえっ」となる嘔吐反射が起こり肉メリットがあります。ただし、鼻腔が細く、カメラが通らないかたは経口になります。鼻や口に局所麻酔をしますので鎮痛剤がなくても苦痛はすくないと思われます。眠らずに検査をすることで、モニターに写る内視鏡の画像を一緒にみながら検査を進めることが可能です。

ご不安な方には鎮痛剤を使用することもできますので、ご予約の際にご相談下さい。


検査の準備

 胃の中が空っぽな状態が検査に最も適した状態です。検査の前日午後9時以降は何も食べないでください
少量の水分(うすめのお茶や水は可能ですが牛乳やジュースは不可)は当日を含めて摂ってもらってかまいません。
普段のんでいるお薬がある場合は当日の朝、飲んでも良いか、事前に指示致します。
 来院して頂いた後は、検査の約10分前から準備を始めます。
まず胃の粘液を洗い落とす薬を飲んでもらいます。ここまでは経口でも経鼻でも同じです。

経口内視鏡の場合

続いて喉の奥に麻酔のゼリーを溜めてもらいます。5分くらい溜めて、喉が重くなってきたり、しびれる感じがしてきたら吐き出してください。検査の直前に軽い鎮静作用のある注射をします。(軽い麻酔作用があります。)この注射によって半分眠ったような状態で検査を受けてもらうことができ、これまで受けていただいた多くの方が非常に楽だったとの感想を持たれています。

経鼻内視鏡の場合

鼻の麻酔を行います。細い管に麻酔の薬を塗って鼻粘膜に麻酔を浸透させます。少し太い管に変更し鼻粘膜の局所麻酔を計10分程度行います。鼻の麻酔薬がある程度のどにも落ちて効くですが、最後にのどに局所麻酔のスプレーを追加して検査を開始します。


検査中

 検査中は写真の生体情報モニターで脈拍と体内の酸素濃度が表示されるモニターを指に付けて体に異常がないか常に監視しながら行います。

経口内視鏡の場合

カメラが喉を通過するときが一番苦痛に感じる事が多いと思います。麻酔が効いてさほど苦痛でない場合も多いです。喉を通過すればだんだん「慣れ」てきます。検査中はあせらず、ゆっくり鼻で呼吸するようにしましょう。

経鼻内視鏡の場合

鼻から挿入するため喉のエヅキは少ないですが、食道に入るときに少しオエッとなることがあります。一旦入ってしまえば検査中に会話することも可能です。 ただし鼻に病気がある(たとえば慢性副鼻腔炎や鼻茸、鼻中隔彎曲、鼻の手術の既往など)場合は鼻腔が狭くなっていることが多く、鼻からの挿入が難しい場合もあります。また、まれに病気でなくても体型的に極端に鼻腔が狭い方がおられ、それらの場合には鼻からの挿入を断念し、口から挿入する場合もあります。 いずれの検査でも検査時間は5分から長くても10分程度で終わります。検査の最中に異常が見つかれば、病変の凸凹を明瞭にするため色素を散布することがあります。色素を使用した場合に、あとで尿や便が青っぽく着色することがありますが一過性で心配ありません。また生検(組織の一部を齧り取って病理組織検査を行うもので、診断を確定させるために必要な検査です。)を行うことがあります。生検の後で出血をすることがまれにあるため、検査の後で予防的に止血剤の点滴や内服薬を投与することがあります。


検査後

 経口内視鏡で鎮静剤を使った場合は眠気やふらつきが残ることがあるため十分休んでからお帰りください。特に自動車や自転車の運転は十分注意して下さい。(麻酔を希望される場合は自分で運転する乗り物では来院されないようにしてください。)経鼻内視鏡の場合、少し鼻出血することがありますが、少し安静にしているだけで止まることが殆どです。生検をした場合やふらつき等が強く残っている場合には必要により点滴等の処置も行いますので落ち着くまでお休み下さい。
 検査の結果は当日ご説明しますが、生検を行った場合、病理組織の結果が出るまでおよそ10日程要します。
 検査が終わって30~60分程度たってから一度うがいをして、喉の違和感が残っていないか確認してください。大丈夫なようであれば食事を摂って頂いてかまいません。


感染症について

当院で使用しております内視鏡洗浄機

 内視鏡検査を受けられる方には検査前に感染症の検査を受けていただき検査室での感染症拡大を予防しております。また当院では内視鏡の消毒には日本消化器内視鏡学会が推奨する消毒方法で入念に消毒していますので安心して検査をお受けください。