大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

ウェブ診療受付

N95マスクのNって?

スタッフブログ

9月も最終週になりました。寒い冬を迎えるにあたり新型コロナウイルの感染拡大が懸念されます。
引き続き、感染防止に細心の注意を払ってまいりますのでご協力お願いします。

感染予防として重要なのは『マスク』です。一時のマスク不足もおさまりましたし最近は手作りのおしゃれなマスクをされている方も多いですね。
ご覧ください。月に1回来院されるKさん。お洋服もマスクも手作りされておりとってもおしゃれでしたので写真撮影と掲載の許可をいただき、ご紹介させていただきます。ありがとうございます。

 お洋服とマスクを同じ生地でつくられていらっしゃってコーディネートされてます。素敵ですね。

我々医療従事者はサージカルマスクが標準装備です。不織布が3枚重ねになっていて、真ん中にはフィルターが入っています。薬局やホームセンターにも置いてあるので使用されたことがある方も多いのではないでしょうか。時々まちなかでみかけるのですがこのサージカルマスクを裏表逆につけられている方、いらっしゃいます。製品ごとに違いはがあるので詳しくは製品のパッケージも参照にしていただくのがよいかと思いますが、一般的に表面のひだ部分が下向きになっているのが正しい付け方です。

 ひだが下向きが正解 ◎

ひだが上向はまちがい。✖ ゴムも顔にフィットさせるために外側からでているものが多いです。

使用される際は今一度ご確認ください。

そしてもう一つ、感染外来の際に医師、看護師が使用するN95マスク。


なぜこんな名前なの?と疑問に思い調べてみました。

N95はアメリカの労働安全衛生研究所(NIOSH)で定められた防塵マスクの規格です。防塵マスクとはもともと産業分野で使用されていたもので、例えば工事現場などで発生する粉塵やミストを吸い込まないために使用されていました。耐油性があるかないかでN=Not resistant to oil (耐油性なし) R=Resistant to oil (耐油性あり)P=Oil Proof (防油性あり)の3種類にわけられ、医療現場では油まみれになることがないので、Nが使用されています。数字も3種類あり、0.1~0.3㎛(マイクロメートル=0.001ミリメートル)の粒子を何パーセント以上除去できる性能があるかを表していて、95は95㌫以上 99は99㌫以上、100は99.97㌫除去できるということです。ですので、防塵マスクには N95 N99  N100 R95  R99  R100  P95 P99 P100の9種類の分類があり、N95は防塵マスクのランクでは一番下ということにはないますが、5㎛以下の飛沫に付着した病原体を捕獲することを目的としている医療現場では最適とされています。

当院では感染外来の際医師と看護師がN95を付けて診察していますが、つけたスタッフが口をそろえて「いきぐるしい」と言います。またこのような高性能のマスクは顔にフィットしているかの確認もいりますし、着脱の際に最も注意が必要なので一般の方が着用するには向かないとされています。

マスクで新型コロナウイルスは完全に防ぐことはできないといわれていますが飛沫を防ぐにはもちろん有効です。適切なマスクを正しい付け方で使用し、ぜひこの冬を乗り切りましょう。

 

ページ上部へ戻る