大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

ウェブ診療受付

コロナの治療薬!!国産!!

スタッフブログ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大がとまりません。

大阪府によると感染者のうち20代~30代が50パーセント、40~50代が31%、一方60代以上は5%。
大阪府では65才以上では64.7%の方がワクチンの2回接種をおえているそうなので、ワクチンが行き届いていない年代での感染拡大が進んでいるのは明らかです。

当院でもできる限り多くの皆様に接種を!!という熱い思いで接種をすすめておりました。当院で接種しているのはファイザー製のワクチンですが、このワクチンは1本のバイアルから6人分のワクチンがとれます。しかし一度希釈をすると6時間以内に接種をしなければならないことや、必ず2回接種をしなければならず、はっきり言って不便です。それでも体調不良のための急なキャンセルがあった場合、ほかの方が電話1本で急遽来院してくださったり、3週間ごの2回目接種の日の予定を必ず空けていただくなど、皆様のご協力のおかげで今まで1人分のワクチンも廃棄せず接種をすすめておりました。ご協力本当にありがとうございます。

しかしながら、7月下旬以降大阪市からのワクチンの分配がなくなり、今現在新規のワクチン予約はストップしております。今後につきましては大阪市からワクチン配分についての指針が示され次第こちらのHPでお知らせしますのでいましばらくお待ちください。

ワクチン以上に我々医療従事者が切に希望している”治療薬”について、明るいニュースがありましたのでご紹介します。
塩野義製薬が飲み薬タイプのコロナ治療薬の治験を開始したとのことです。
いま現在日本で承認されている治療薬は4種類ありますが、この塩野義の薬に注目したのは”自宅などで療養する軽症者が服用できるようにとのみ薬タイプ”ってところです!!
先生も「我々開業医でも投与できれるならおおいに価値があるのでは!!」と期待を膨らましています。
しかも”国産”というところに大きなメリットもありますよね。
ワクチンでお分かりのとおり外国産だと今回のように「足りないからもっと輸入させて」なんてわざわざ首相が頼みにいかなくてもいいってことです。
ただ、この薬の実用時期は未定で、治験がどれだけスムーズにすすむかが課題となるそうです😢

塩野義さん、がんばって。
そして厚生労働省のえらい方、スムーズに実用化されるよう最優先で応援してあげてください🥺
と熱戦が繰り広げられていいるオリンピック以上に声援を送らずにはいられない暑い夏になりそうです。

どうぞみなさまご自愛くださいませ。