大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

ウェブ診療受付

ご無沙汰しております。

スタッフブログ

大変ご無沙汰しております。
今日は3月3日ひな祭りですね。
受付ではかわいいお雛様がお迎えをします。

 

 

大阪では2回目の緊急事態宣言が解除され、感染者数も一時期に比べるとだいぶ落ち着いてきました。ワクチン接種も数か月以内に始まりそう、明るい方向にむかっていっていることを信じて日々頑張っています。

当院スタッフは医療従事者としてワクチンの優先接種ができるそうですが、残念ながら今現在接種予定のめどはたっておりません。
患者さんも皆さんワクチンにとても関心がおありのようで、待合室でよく話題にのぼっていますね。期待されている方、不安に感じていらっしゃる方、様々ですね。
我々が優先的にワクチン接種ができた際はこちらのブログでも包み隠さずお知らせしたいと思っていますので、今しばらくお待ちください。
とういことで、まだまだ油断は禁物です。

最近、顔で測れる体温計を導入いたしました。引き続き院内にお入りの際は検温のご協力をお願いいたします。
(マスクを着用されていない方には、この体温計がやさしく注意をしてくれます!!)

日本国内で初の新型コロナウイルス感染症が確認されてから1年がすぎました。
当院でも受診体制を大幅に変更せざるを得ず、皆様にはなにかとご不便をおかけしております。
新型コロナウイルス感染症の初期症状と風邪の症状は区別がつかないため、当院では熱がなくても風邪症状の方は普段の時間には院内にお入りいただけません。風邪症状の方は完全予約で当院がお願いした時間に来ていただいています。

寒い中具合の悪いお子さんを抱っこしてこられたお母さんが「熱はなくて咳だけの子供なのに診察してもらえないの?」と怒ってお帰りになられることもあり、われわれもつらい思いをしたこともあります。

ただ、お子さんであってもコロナの可能性がないとはいえません。
きっちりと感染対策をした上で診察をさせてもらう!!という信念をもって対応させていただいています。

風邪症状のかたはまずはお電話をください!!。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

毎年、毎年、あんなに苦しめられていたインフルエンザの患者さんが激減していることに我々は驚いています。昨年の夏も夏風邪として流行するヘルパンギーナや手足口病などのほとんど流行りませんでした。”ウイルス干渉”といって一つのウイルスが先にはやると他のウイルスの流行がおさえられるといった現象が関係しているという専門家も多いですが、私はみなさんがマスク、消毒、密を避けるなどの感染対策を徹底して頑張ったおかげだと信じています!!これからも気をぬかず続けていきましょう。明るい兆しはみえてきていますよ、きっと。