大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

ウェブ診療受付

酸素飽和度とは???

スタッフブログ

すっかり秋らしい気候になりました。プチ情報です。昭和の歌姫山口百恵さんが日本武道館で最後のコンサートを行い、ステージにマイクを置いたのは1980年の今日だそうです。40年後にこんなコロナ禍の世の中になっているなんて、百恵ちゃんも驚きでしょう。

アメリカでトランプ大統領が新型コロナウイルスにかかったことが大きなニュースとなっていますね。一説には今日5日にも退院されるとか。どうぞお大事になさってください。そんなトランプ大統領の容体を伝えるニュースの中で、『2度にわたり酸素飽和度が94㌫を下回り、約1時間にわたって酸素吸入を行った』とかかれている記事がありました。

酸素飽和度とは我々医療従事者なら毎日耳にする言葉です。SPO2ともいいます。測定は簡単でパルスオキシメーターという機器を使い指先1本でわずか数秒で測れます。

咳症状などで診察を受けた時、指先に洗濯ばさみのようなものを付けられた方いらっしゃいませんか? そうです、これがパルスオキシメーターです。

手軽に測定でき、新型コロナウイルスによる肺炎の重症化の目安になるため軽症者のホテル隔離時に体温計とパルスオキシメーターが配られたとたびたび報道され,一時はマスクのように品薄になったほどです。この機器は1974年に青柳卓雄博士という日本人が発明しました。採血せずに皮膚の上から簡単に酸素濃度が計測できるようになったことが画期的だったため当時急速に広まり、そのおかげで手術中の酸欠死が激減したほか救急現場での救命率の向上に大変貢献したそうです。日本の誇るべき技術ですね。コロナ禍でさらに脚光を浴びることになった機器を発明された博士は今年の4月18日84歳で老衰で死去されました。

指先にセンサーをあてることで動脈を流れる血液のヘモグロビンの何パーセントが酸素を運んでいるかを測定するので単位は㌫になります。96㌫以上なら正常値、95㌫未満なら酸素不足の可能性がありますし、90㌫を下回ると十分な酸素を全身の臓器に送れない呼吸不全になっている可能性があります。機器の操作は簡単で家庭用だと8000円前後で購入できますが、測定値の判断は個人差や病状にもよるので自己判断ではなく必ず医師の指導を受けていただくようお願いします。マニュキュアやネイルアートをされているとセンサーがうまく働かないので正しく測定されないこともあります。

当院でも咳などの風邪症状のかたや呼吸器に疾患のあるかたの診察時、また内視鏡検査時に鎮静剤を使用した際のモニタリングなどなど多くの場面で活躍しているパルスオキシメーターを今日は紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る