大阪市城東区関目駅徒歩5分の内科・内視鏡検査

ウェブ診療受付

すっごいワクチン!!

スタッフブログ

はやいものでもう10月も終わろうとしています。今年はコロナにふりまわされたまま終わろうとしていますね。コロナとインフルエンザの同時流行を防ぐため多くのみなさんが今年はインフルのワクチンを接種されています。そして新型コロナウイルスのワクチンも世界中の人々が待ち望んでいます。ああ、はやくできてほしい。

様々な病気を未然に防ぐワクチン。なんと将来はメタボや老化を克服するワクチンができるかも!!という夢のような研究が行われていることをご存じですか?

今年5月に発表された大阪大学の研究で『老化T細胞を抗体依存性細胞傷害により生体から除去するワクチンを開発した』という発表がありました。詳しい結果はまたまた大阪大学のHPをご覧になっていただくとして、先生にごくごく簡単に説明してもらった内容をご紹介します。(詳しくお知りになりたい方は診察の時に先生にお尋ねくださいね)

本来、細胞は分裂を繰り返しそれにより生物は成長します。しかし一定回数の分裂を終えるとその細胞は永久に分裂を停止し、そのまま生きながらえる『老化細胞 cellular senescence』になります。この細胞の老化自体は問題ではないのですがこの老化細胞から炎症性サイトカインなどいろんな物質が分泌され、それが周りの細胞に悪影響を及ぼしてしますそうです。それならばワクチンでその老化細胞を除去してしまおう!という発想だそうです。

マウスに高脂肪食をあたえて肥満にさせると、内臓脂肪で『老化T細胞』が増えます。この『老化T細胞』とはなかなかの悪者で加齢とともに増加しいろいろな病気の進展に関わっていることが分かっています。ですが、このマウスに新たに研究でつくられたワクチンを投与するとなんとこの老化T細胞の増加が抑えられたそうです。そして老化T細胞を減少しただけでなく、このマウスは糖尿病が改善していることがわかりました。人間でも肥満者の内臓脂肪には老化T細胞が蓄積されいるといわれているのでこのワクチンがもし人に適用されればワクチンで悪い細胞が減ってくれることになりますね。なんとも頼もしいワクチンではありませんか!!とはいってもまだまだ先のお話ですので、引き続き食べ過ぎにはご注意いいただき適度に体を動かすこともお忘れなくお願いいたします。新型コロナのワクチンの完成もまだまだ先になりそうですね。栄養や睡眠を十分とっていただき、まずはご自身の免疫力を高めてこの冬を乗り切りましょう。

 

ページ上部へ戻る