当医院では痛み、苦しみがない 短期間で、安全な内視鏡検査を常に心がけております。
トップ
院長プロフィール
診療案内
予防接種・健康診断のご案内
内視鏡の案内
睡眠時無呼吸症候群

〒536-0008
大阪市城東区関目3丁目13-1
06-6931-7821
野口医院
診療科目:内科、消化器科、
小児科、外科
院長 : 医学博士 野口誉生
→新しい建物!駐車場完備!



【おことわり】

 このホームページでは、膨大な医学的内容が盛り込まれています。
 この内容は2007年後半から2008年年初にかけて院長が自ら執筆したものです。内容的に執筆当時の医学的常識に適うもので、一般の方にも役に立つ情報をお届けする事を目的に書いています。
 しかし、医学には不確実性があり、「これが絶対に正しい。」ということは少ないことも事実です。参考にされるのは大いに結構ですが、これらの点を十分にご理解頂いた上で、善意をもってご活用される事をお願い申し上げます。特に、何らかの体の異常がある場合、異常を指摘された場合には、本内容を元に自己判断だけで済まさないで、医療機関できちんと診察を受けて頂くことを重ねてお願い致します。
 なお、内容的な誤りや新たな知見が明らかになった場合、医療制度の変更等で診療内容を変更する場合には、随時訂正していきたいと考えております。

【診療時間】

診療時間 日/祝
9:00 〜 12:00
15:30 〜 16:30
16:30〜 19:30

● 予防接種、乳児健診専用枠 (金曜日15:30〜16:30)

※ 予防接種は通常診療時間にも接種可能ですが、午前中なら11:30まで、午後は7:00までの受付となります。

【所在地】

内科/消化器科/小児科 野口医院
外観写真
院長ごあいさつ

 私は野口医院の院長、野口誉生(ノグチタカオ)と申します。当院のホームページにお立ち寄り頂きありがとうございます。

 野口医院は父、茂春(シゲハル=大阪市立大学卒)が昭和34年3月に現在の場所に開設しました。その父が体調を崩したのをきっかけに平成16年から私が野口医院を継承して現在に至っております。創業半世紀を経て、平成21年4月に現在の建物にリニューアルいたしました。

 私の経歴は、生まれも育ちも現在の場所で、学校もずっと大阪の学校で、医者になってからも大阪の病院ばかりでコテコテの大阪人です。平成8年に大阪医科大学を卒業し、同第二内科(消化器疾患、血液疾患)に入局しました。研修の後は、関連病院において一般内科、消化器内科の臨床に携わりました。平成13年に大学に戻ってからは、上部消化管グループに所属し、研究ではピロリ菌に関連した胃炎をテーマに取り組み、臨床では早期胃がんの診断および最先端の内視鏡治療に携わっていました。大学時代には海外留学のチャンスもあったのですが、諸事情により断らざるを得なくなり結局関目から抜け出せない人生になりそうです。

 近年、癌は常に日本人の死因のトップであり、部位別にみても胃、大腸という消化管の癌は上位を占めています。一方で、胃や大腸の癌は内視鏡検査によって早期の段階で発見が可能であり、早期発見であれば内視鏡を用いた縮小手術も可能な時代になりました。(お腹を開けなくても治るんです!)早期であればほぼ完全に「治る癌」でありますが、手遅れになってみつかることもしばしば経験されます。しかし未だに内視鏡検査に対するイメージは、苦痛でしんどい、という方が大勢おられるのが現実だと思われます。私は、卒後殆どの期間を内視鏡診療に従事してきた経験を生かして少しでも苦痛の少ない、安全な内視鏡検査を受けていただきたいと考えております。

 内視鏡診療を中心とした消化器内科に留まらず、内科、小児科全般に常に最先端の医療レベルを維持し、地域医療の一助となればと考えておりますので今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

PAGETOP
略暦

院長 : 医学博士 野口 誉生(ノグチ タカオ)


院長経歴

平成 8年 : 大阪医科大学卒業
平成 8年 : 大阪医科大学第二内科教室入局 研修開始
平成10年 : 阪本会蒼生病院内科 勤務
平成11年 : 済生会茨木病院内科 勤務
平成13年 : 大阪医科大学第二内科 専攻医
平成16年 : 野口医院継承
        大阪医科大学第二内科 非常勤医師  現在に至る。

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会(専門医)
日本肝臓病学会



趣味として熱帯魚を飼育しています

PAGETOP
スタッフ
診療所内部紹介

エントランス

受付

待合

診察室

診察室

診察室

点滴処置室

レントゲン室

内視鏡室

検査準備室

PAGETOP